javascript

CANVASアニメーション + howler.js

2014/12/18

[canvasアニメーション + 音]みたいなもの作ろかと思って、当初サウンド部分はp5.jsを使うつもりだったが、うまくいかず。そもそもp5.jsのライブラリを読み込んだ時点でcanvasのアニメーション部分が動かなかった。(ライブラリの読み込みをやめると正常に動く。)結局色々調べてサウンド部分はhowler.jsを使ってみた。それで、できたモノが以下。

=================================
canvas animation + howler.js (音量注意)
=================================

全体のざっくりとした仕組みとしては、[mousedown]でパーティクルのインスタンスを生成、その際各々パーティクルの色、音をランダムで決定。反射時に音を再生。徐々にパーティクルの半径を減少させ、半径が一定以下になったら消去。

細かく見ていくと、まずサウンドを配列に格納。

Javascript

// サウンド
var sound = [];

sound[0] = new Howl({
urls:['assets/se01.mp3', 'assets/se01.wav']
});
sound[1] = new Howl({
urls:['assets/se02.mp3', 'assets/se02.wav']
});
sound[2] = new Howl({
urls:['assets/se03.mp3', 'assets/se03.wav']
});
sound[3] = new Howl({
urls:['assets/se04.mp3', 'assets/se04.wav']
});
sound[4] = new Howl({
urls:['assets/se05.mp3', 'assets/se05.wav']
});
var sound_num = sound.length - 1;

で、反射時にサウンドを再生。

Javascript

this.se = Math.floor(Math.random() * sound_num);
<省略>
// パーティクル画面外で反射

if (this.x - this.radius*0.5 < 0 || this.x - this.radius*0.5 > SCREEN_WIDTH -15) {
sound[this.se].play();
this.vx *= -1;
}
if (this.y - this.radius*0.5 < 0 || this.y - this.radius*0.5 > SCREEN_HEIGHT-15) {
sound[this.se].play();
this.vy *= -1;
}

そして、マウスイベントとタッチイベントをそれぞれ振り分けて設定。

Javascript

//イベント
if ("ontouchstart" in window) {
canvas.addEventListener("touchstart", updateTouchPos, false);
canvas.addEventListener("touchmove", resetMousePos, false);
canvas.addEventListener("touchend", resetMousePos, false);
} else {
canvas.addEventListener("mousedown", updateMousePos, false);
canvas.addEventListener("mouseup", resetMousePos, false);
canvas.addEventListener("mouseout", resetMousePos, false);
}

<省略>

// タッチの位置を取得
var updateTouchPos = function (e) {
mx = e.touches[0].pageX;
my = e.touches[0].pageY;
};

// マウスの位置を取得
var updateMousePos = function (e) {
var rect = e.target.getBoundingClientRect();
mx = e.clientX - rect.left;
my = e.clientY - rect.top;
};

// マウスの位置をリセット
var resetMousePos = function (e) {
mx = null;
my = null;
};

[if ("ontouchstart" in window) ]でタッチスクリーンに対応しているかいないかで振り分けて、それぞれ関数を呼び出し。マウスイベントとタッチイベントでは、位置取得の方法が異なるのがちょっとキモ。

一応、chrome、Firefox、IE11で動作確認済み。IE8ではもちろん動かず。IE9ではcanvasのアニメーションはする。音はしない。それとiPadとAndoroid携帯でも動作確認済み。iPad動作的に気持ちいいけど、音が不安定。

当初は反射時に音にp5.jsでリバーブをかけたかったが、p5.js自体がダメだったのでhowler.jsを使用。howler.jsp5.jsのサウンド部分に比べると本当にシンプル。その分できることは限られていて、ゲームの効果音とかで使用するのに向いているっぽい。そしてライブラリが軽い(12k)。
パーティクルの部分のソースは[HTML5デザイン 仕事のネタ CSS3+JavaScript+CSSフレームワークと活用するプロのテクニック]参考にさせて頂きました。

p5.jsのサウンドライブラリを使うには、それ以外の部分、ここで言うとアニメーション部分もp5.jsの書式で記述しなければならないっぽい。サウンドのライブラリは魅力的だけど、それ以外もp5.jsの書式で書かなければならないのが難。

ちなみに、裏実験として音を[ド・レ・ミ・ソ・ラ]のヨナ抜き音階にしてみて、ランダムに鳴らした時に日本的に聞こえるかを試してみた。で、結果は、いまいち聞こえない。


-javascript

© 2020 MUKOLOG