WEBデザイン

PhotoShopのインターフェイス(UI)のフォントサイズを変える

2020/07/01

最近はPhotoShopでのWEB用の画像書き出しは、アセット生成で書き出すことが多く、そのため『〇〇〇〇-〇〇〇〇-img01.png』のように、長く細かくレイヤー名を書く機会が増えてきました。
私が使用しているモニターが2560×1440とそこそこ大きいせいか、それとも早くも「老眼」が始まったのかわかりませんが、PhotoShopのインターフェース(UI)の文字が小さく見づらく感じるようになってきました。

『PhotoShopのインターフェイス(UI)の文字小せえよ!』と日頃思われているデザイナーさんは、ぜひお試しください。
私はフォントサイズを変えたら、だいぶ『目が楽』になりました。

インターフェイス(UI)のフォントサイズの変更方法

『編集』>『環境設定』から『インターフェイス』の『フォントに合わせてUIを拡大/縮小』チェックを入れて、『UIのフォントサイズ』から文字の大きさを選択してください。PhotoShopを立ち上げなおすとインターフェイス(UI)のフォントサイズが変わっているはずです。
ちなみに選べる文字サイズは「大」「中」「小」「極小」の4つから選べます。

上の画像は「大」「中」「小」の比較になります。「極小」にすると私の使っているモニターだと文字が潰れてしまっていました。
ちなみに、私は『大』を使っています。


-WEBデザイン

© 2020 MUKOLOG